未来のための革新をデザインする。

博報堂ブランドイノベーションデザインは3つの専門ユニットが連携しています

博報堂ブランドデザイン

ブランディングの全プロセスを一貫してサポートする専門ユニット

詳しく見る

博報堂イノベーションデザイン

企業や社会のイノベーションを支援するための専門チーム

詳しく見る

HUX

事業戦略をUX起点でリードし、
製品やサービスを開発するチーム

詳しく見る

スマート×都市デザイン研究所

Philosophy私たちの考えていること

ひとと動くをデザインすると、まちは変えられる。

・スマートX技術に、生活者発想の価値づくりを。
・都市やまちを、ブランディングで解決する。

Perspective私たちの視点

「ひとと動く」について、私たちがまちを見る視点・例

  • 人も、自転車も、トラムも等しい。移動空間のデザイン
  • 店舗と、歩く人と、走るトラムが重なる。距離感のデザイン
  • 目印であり架線支持でもある。アイコニックなデザイン
  • 歩行者とLRTのための道の表情。細部にまで配慮するデザイン
  • いつもの街の風景をLRTが変える。動的景観のデザイン
  • 樹木が柱を隠すと、人のための場になる。自然との共存のデザイン
  • LRTのハブ駅を身近なサイズのにきわいに。ヒューマンスケールのデザイン
  • 留めた自転車も風景の一部に。行為のデザイン

Service提供サービス

・都市計画/構想・都市デザイン全般のコンサルティング、サポート
・スマート化した関連商品・サービス・インフラの開発、サポート
・都市ブランディング、マーケティング、コミュニケーション業務

Member主要メンバー

深谷 信介(ふかや しんすけ)所長 シニア・ストラテジックプランニングディレクター

慶應義塾大学文学部人間関係学科卒 東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻修了
名古屋大学 未来社会創造機構 客員准教授
メーカー・シンクタンク・外資系エージェンシーなどを経て、博報堂入社。
事業戦略・新商品開発・コミュニケーション戦略等のマーケティング・コンサルティング・クリエイティブ業務やソーシャルテーマ型ビジネス開発に携わり、近年都市やまちのブランディング・イノベーションに関しても、研究・実践を行っている。
主な公的活動:環境省 環境対応車普及方策検討会委員/総務省 地域人材ネット 外部専門家メンバー/本庄早稲田の杜街づくりプロジェクト委員/神奈川県茅ヶ崎市 景観まちづくりアドバイザー/富山県富山市 政策参与/茨城県桜川市 参与/日本生活学会・日本都市計画学会・土木学会・日本景観学会・日本計画行政学会会員

川口 真輝(かわぐち まさき)コンサルタント ストラテジックプランニングディレクター

東京工業大学大学院理工学研究科建築学専攻修了 一級建築士
香川大学大学院地域マネジメント研究科 非常勤講師
博報堂入社後、ストラテジックプラナーとして、担当得意先のマーケティング及びコミュニケーション企画立案業務に従事。
博報堂ブランドデザイン及び博報堂エクスペリエンスデザインにて、ブランド・コンサルタントとして、ブランドコンサルテーション及びデザイン業務に従事。企業・グループ・事業のブランド戦略立案から、CI・VIデザインシステム開発、コミュニケーション企画、空間施設開発、まちづくり、新商品開発、組織開発などを手がけている。生活者体験型ブランディングに、特に強みを持つ。
著書:「リアルヂカラ」 博報堂エクスペリエンスデザイン編 (共著) 弘文堂

木下 富美子(きのした ふみこ)コンサルタント PRディレクター

東京外国語大学外国語学部スペイン語学科卒業
明治大学政治経済学部 キャリアデザイン学科 非常勤講師
博報堂入社後、家電・食品・通販・教育・出版各社のマーケティングコミュニケーション、プロモーションを担当。
その後各企業・団体の「ブランディング」業務を専門に担当。2003年、ブランド視点で地域活性化を目指す「地ブランドPRO」の開発に携わる。以来、全国各地の自治体などと「地域ブランディング」を実践。2012年、内閣府 男女共同参画局に出向。政策企画調査官として、安部政権の女性活躍促進政策などの広報の責任者を務める。2014年4月より現職。
主な社外委員活動:国土交通省 関西ブランド推進検討委員会委員/神奈川県 かながわブランドプロモーション検討委員/東京都墨田区 すみだブランド戦略検討委員会委員他を歴任。現在/栃木県 次期プラン策定懇談会委員/北海道江差町 顧問
共著:「地ブランド~日本を救う地域ブランド論」 (弘文堂)、「幸せの新しいものさし」 (PHP研究所)

サービスに関するご相談などご連絡ください

お問い合わせはこちら