わかものけんきゅうじょ

若者と、未来の暮らしを考える

若者研究所

若者研究所は、未来を生きる主役である若者達とともに、瑞々しい感性で新たな暮らしの兆しをとらえ、自由な発想でその可能性を探求する組織です。

ABOUT

若者研究所とは

人と社会のあり様を根本から変える力をもったテクノロジーが台頭し、長年つづいた制度や構造にも抜本的な変化が求められている。そんな時代だからこそ、私たちが本当に望む未来はなんなのか?変えたいこと、変えたくないことはなんなのか?を改めて真剣に考える必要があります。
そして、この問いに向き合う上で「若者」の視点は欠かせません。なぜなら、若者こそが未来を生きる主役だからです。「どうしたら若者に消費してもらえるか?」といった視点を超えて、社会や企業・組織が抱える様々なテーマについて若者と共に考え、「どんな暮らしをつくるべきか?」を提示する。若者研究所は、若者との共創会議を核としたイノベーション支援組織です。

CONTENTS

Coming soon...

PHILOSOPHY

1.「若者の今」から「世界の未来」へ

私たちは「若者の今」をつかみとるために、調べ、考え、議論をします。 それは若者の今のなかに、世界の未来のヒントがあると信じているからです。 ひとりの若者の一見些細とも思える行動や感情は、ひょっとすると、新しい環境のなかで安らぎや喜びを得るための画期的な試みであったり、多くの人がまだうまく言葉にできていない葛藤や、深い望みにつながっているのかもしれません。

2.社会の「おかしさ」を考える

私たちが「当たり前」だと思い、問うことも考えることもしていないようなことのなかに、本当はとんでもなく「おかしい」ことがあるものです。 そして、新鮮な視点と繊細な感性で社会に触れていく若者達は、大人が無意識に受け入れてしまっている「おかしさ」に気がつく力をもっています。 おかしいものにはおかしいなりの理由があったり、取り除いた先から新たな「おかしさ」が生まれたりもするので、現実は一筋縄ではいきませんが、それでもまずは気づくことから、今とは違う暮らしの可能性を考えていきます。

3.「トライブ」と「モード」で考える

「近頃の若者は、、」というように世代を語るとき、私たちはどうしてもそれを一括りにしてしまいますが、若者を一括りにすることは益々困難になってきていると感じます。当然ながら人はひとりひとりが違った存在ですし、オンライン空間にも居場所が生まれ、副業や多拠点生活といった暮らし方も広がりつつある今、ひとりの人間のなかにすら様々な顔があるからです。 若者研究所では、「トライブ(集団)」という単位や、個人のなかで切り替わる「モード」といえるような単位を意識して、複層的で動的な存在としての人/世代をとらえることを目指しています。

4.若者を応援する

膨大な量の情報に日夜触れ、自ら発信し、新しい体験や成長を求めて貪欲に活動を続ける若者たちのなかから、かつての世代には存在しなかったような高い能力や志を持つ、異能の人々が多く生まれています。 そうした若者自身が生み出すものや活動、生き方が、未来を大きく変えていくことになります。上の世代や企業などの組織が若者から学ぶことは勿論ですが、若者自身を刺激し、つなぎ、力づけるような活動をしていくことも、私たちの大切な役割です。

CONTACT

サービスに関するご相談は下記ボタンからお問い合わせください